読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして線を大切に。

九谷焼絵付師です。主に下絵付けを中心に制作しています。上品で味わい深い下絵の世界を目指して…

a line

構図を決めるよりも何よりも、重きを置いているところ。

日本画出身だからでしょうか。
自ら写生を求めてしまいます。
私はあるがままの姿を写しとることに喜びを感じている為、嘘が嫌なのです。

細部まで理解してから臨みたい。

 

 

時には、野草図鑑なども駆使し、内部構造を理解することに努めます。 

 

・花びらの形、枚数

・おしべ、めしべ

・葉の形、葉脈

 

これらがどうなっているかを確認します。

 

 

あとは、育つ環境にも注目したり、だいたいの背丈や季節もチェックします。

 

 

動物関係も然り。

図鑑で、まずは調べます。

 

 



こういうことをするのとしないのとでは、全然作品の上がりが違うと感じています。


なぜなら、私が理解してないことによる不安を持ったまま、制作に取り掛かってしまうと、それがちらつき、作品に自信の無さが出てきてしまう為です。

 

 

 

心と手は連動しています。

 

 

 

 

 

 

 

これは確実に。

 

 

 

 

 

筆先に自分の感情が全て表れます。

良いも悪いも全て。

 

 

 

 

ですから、

私は感情を持った線を使い、描いていくことに魅了されているのです。

 

 

その一瞬の感情と感動を留めておける気がするからです。

 

 

少なくとも、私はそう信じています。