読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして線を大切に。

九谷焼絵付師です。主に下絵付けを中心に制作しています。上品で味わい深い下絵の世界を目指して…

a line

このブログの、現段階の本質と核心について。

まず、伝染させたいもの。

 

それは、

 

 

 

九谷焼の良さ

・染付の良さ

・伝統工芸の良さ

 

 

これらを、私なりに伝えたいと思っています。

 

 

 

今までも記事にしていますが、もっともっと色んな側面から魅力を書いて行けたら良いなと思っています。書いていくことで、私自身の気付きと整理もありますし、学びもあります。 

 

同じような事を、言い方を変えて何度も記事にしていくつもりです。

なぜならいつも読んで頂いている方に、私なりの言葉で伝え染めて、(言い方は悪いかもしれませんが)洗脳したいと考えているからです。また、伝染し洗脳することで、個々の中に埋もれていた、喜びや楽しみを思い出させることが出来たなら、どんなに良いだろうかと考えてしまうからです。

 

 

 

 

 

かなりのお節介でしょうが、ね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、また気付いた事がありました。

この前言っていた私が持っていた固定概念の話で、

 

「自分が考えていることは、既に誰かも考えていて、だから私が思いつくような図案や構図は至って普通。」

 

 

というところ。

 

これを良い風に捉えるとします。

 

 

 

 

 

 

”自分の考えていることは、既に誰かも考えている”   のであれば、私の話に納得し、理解する人も必ずいるということ。

 

 

また、もう一つ

 

”私が思いつくことは至って普通”    これも、普通だからこそ、すんなりと受け入れる人がいるのではないかと思うのです。

 

 

 

ものは言いようですけどね。

最近のわたしは、自分の都合の良いように捉えるのが上手くなって来たので、こんな考えにたどり着いてしまっても仕方がないことなのです。

 

 

現段階ではこのような理論に基づき、ブログを構成しています。

 

 

 

 

九谷焼絵付師のくせに制作する様子を出さず、実際に活動してるのか疑問がられていそうな私ですが、

存在していることに嘘はありません。

 

 

 

一方通行に好きなことを書き綴っています。

 

 

 

なので、読者の方は、

 

 

「へー。そっかー。」

「ふーん。私はそうは思わないけど。」

 

 

 

ぐらいのテンションで良いかと思います。 

 

 

今はめっきりハマってまめに更新出来ていますが、私が他に気持ちが行っている時は、それが難しくなるかもしれません。でも、ゆるゆると続けて行きたいので、たまにこちらに顔を出して応援して頂けたら嬉しく思います。

というか、たまにでなく毎日であれば尚嬉しいですが…^_^

 

 

 

ですから今後も、こういうお話がお好きな方に、お付き合いして頂けることを願います。

 

 

それでは、また。