読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして線を大切に。

九谷焼絵付師です。主に下絵付けを中心に制作しています。上品で味わい深い下絵の世界を目指して…

a line

固定概念の続きの話です。

そうは言っても今までずっとあった概念ですから、時折顔を覗かせます。

 

でも、悪いことだとは捉えていません。

ものづくりする上での苦悩は、必然だと思うからです。もしかしたら、好きで苦悩しているのかも知れません。ですから、よっぽどそれが耐えられなくなるまでは、私は辞めずに創作し続けるのだと思います。

 

ある九谷焼の先生に、「あなたは手がいい。いい手をしとる。20年続けてみなさい。」と、言われたことがあります。当時は褒められて舞い上がっていましたが、とても印象に残っている為、今でも自信が無くなりそうになると、時々思い出しては制作に励んでいます。

20年続けなさいの意味は、自分の中で何かを掴めるようになるまで、それくらい掛かるというものです。あの時の私がそのまま受け取っていたこの言葉には、実は先生が私に伝えたかった、もう一つの意味があったのではないかと、深読みしていることがあります。

 

 

それは、

 

 

 

 

 

失敗を恐れず、安心して今やりたいことを思いっきりしてみなさい。

 

 

 

 

 

先生はこのことを教えて下さったのではないかと、今の私には思えてならないのです。

 

 

ものすごくシンプルですよね。

 

やりたいことをやる。って。

 

 

 

ただ、他人の目を気にしているうちは、これがなかなか難しいのです。

「自分は自分。これで良い。 」ってことが。

 

 

 

私自身も、今やっと向き合えて来ているので、まだ完全ではないし揺らぎっぱなしだけど、あの思い込みを解除出来たことで、気分が軽くなったのは確かです。

 

 

 

私があの思い込みを持っていた時、

私は別の誰かになろうと必死でした。

 

 

でも、そうじゃなかった

 

 

 

 

私はわたしになるだけで良かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに気づけただけでも、自分にとっては大きな成果だと思っているのです。

 

 

人は考え方、感じ方、捉え方のどれでもたった一つで、人生を楽しむことも苦しむことも出来るのだと知りました。

それならば私は、人生を楽しむ方で歩んでいきたいと、切に願わずにはいられないのです。